脱毛サロンでツルツルのボディになった体験談

生まれて初めてのムダ毛処理は中学一年生に陰毛が生え始めた時からです。当時はその見た目に何故か強い嫌悪感を覚え、気がついたら右手にカミソリを握りしめていました。それから生え始めて一・二ヶ月程の間、生えては剃るを淡々と繰り返す毎日。

そんな僕も次第に陰毛が生えたという事実を受け入れ、その見た目にも慣れた頃には陰毛=ムダ毛という認識を改め剃る事を止めました。しかし成長を迎えるにつれて体毛は陰毛・腋毛を筆頭に生える部位は腕・足・胸・腹へとそのエリアを拡大する始末。

成人をむかえた現在は立派に生い茂り、その質・量ともに一級品のムダ毛と相成りました。今となっては達観したような心境ですが異性を意識した多感な十代の頃はコンプレックスでしかなく、そんな自分にとってムダ毛処理はもはや避けることの出来ない宿命のようなものでした。

安全カミソリで剃ればカミソリ負けし油断するとすぐに出血し、ひどい時は全身何箇所も切り傷だらけ。処理した毛の始末を怠り風呂場の排水口を詰まらせて面倒臭くなり放置、あとで発見した親から叱責された事も一度や二度ではありませんでした。

そんな虚しい毎日にピリオドを打つ為、友人から紹介からされた脱毛サロンに藁おも掴む思いでチャレンジ。そこそこ痛い出費と治療に耐え、ついに手に入れたツルツルのボディに歓喜したのが今から五年前のこと。奇跡か悪夢か不死鳥の如く懐かしいムダ毛達が恥ずかしながら帰ってまいりました。毛だらけの不毛な話でした。
おすすめ⇒脱毛福岡口コミ